MVNOに乗り換える前に!中古スマホ端末購入時の4つのチェック

MVNOに乗り換える前に!中古スマホ端末購入時の4つのチェック

 

MVNOで使うスマホは、

  1. キャリアで使っていたスマホをそのまま使う
  2. MVNOのセット販売されているスマホを購入する
  3. SIMフリースマホを購入する
  4. 中古スマホを購入する

という4つの選択肢があります。

 

今回は中古スマホを購入する際の選び方や注意点について紹介していきたいと思います。

 

MVNOでセット販売されているスマホ端末については、
MVNOで使うスマホをセット購入すべき3つの理由
の記事をご参照ください。

 

 

中古スマホ端末購入時は4つのチェックを行おう

 

中古スマホ端末を購入するときは、新品のスマホ端末を購入するよりも入念にチェックを行うべきです。

 

チェックを怠ったがために、最悪の場合は購入したけど使えないというようなことも十分ありえます。

 

行うべきチェックは4つです。

 

対応するSIMカードのサイズと種別をチェック

 

基本的なことですが、スマホが対応するSIMカードをチェックしましょう。

 

対応するSIMカードをチェックすることで、契約するつもりのプランでスマホが使えるかどうかを判断できます。

 

3G/LTE(4G)のどちらの契約種別であるか

 

3Gの契約で使っていたスマホをLTE(4G)で使用する場合、キャリアの窓口で契約種別の変更をしなければ使えない場合があるので注意。

 

基本的にドコモ/auの3Gスマホ端末には注意が必要。

 

標準SIM/microSIM/nanoSIMのいずれのサイズか

 

格安SIMを契約するときに選ぶサイズを事前に確認しておく必要がある。

 

SIMカードのサイズを変更するアダプターを使ったり、SIMカードをカットすることで対応させることも可能だが、SIMカードやスマホが壊れる可能性もあるので、あまりオススメできない。

 

 

キャリアがMVNOと同じ回線か

 

スマホには基本的に他のキャリアの回線で使えなくなるSIMロックがかかっている。

 

その他にも通信方式や周波数の問題により、スマホを他のキャリアの回線に対応させるのは難しい。

 

そのため、必ずMVNOと同じキャリアのスマホ端末を購入すべきである。

 

 

 

赤ロムでないかどうかをチェック

 

中古スマホを購入して一番多いトラブルが、「赤ロム」を購入すること。

 

赤ロムとは残債の未払いや盗難品であることが理由で、使えないように制限をかけられてしまったスマホのことを指す。

 

最初から赤ロムであったり、後で赤ロムとなるケースもある。

 

万一赤ロムになった場合、無期限で全補償をしてくれる「赤ロム永久保証」があるショップで中古スマホを購入すると安心。

 

 

スマホ端末が赤ロムであるかどうかは「ネットワーク利用制限」の照会サイトで確認可能。

 

 

コンディションをチェック

 

コンディションに関しては、店頭に並べられた際に記載されている。

 

しかし、実際に自分の目で触って確かめてみないと、思ってもいない傷や問題があったりする。

 

  • 外観やキズ
  • フタの開閉
  • カードの抜き差し
  • バッテリー
  • タッチパネルの反応
  • カメラの動作

 

上記の内容に問題がないかくまなくチェックしよう。

 

 

スマホの保証をチェック

 

中古スマホ購入時には、ショップ独自の保証サービスがあるケースも多い。

 

どのような条件や期間で保証をされるかチェックしよう。

 

少なくとも赤ロム永久保証だけは付いているショップで購入したいところ。

 

 

 

中古スマホを購入する際は細心の注意をしよう

 

中古スマホは前に使っていた人が使うスマホを購入するため、問題が発生しやすいです。

 

そのため、細心の注意を払ってチェックを行わないと、損をしてしまいかねないです。

 

今回紹介したチェックポイントに気を付けて、中古スマホを購入しましょう。