MVNOが提供しているプランを理解して乗り換えしよう!

MVNOが提供しているプランを理解して乗り換えしよう!

 

 

MVNO各社は様々なプランを提供しています。

 

キャリアよりは自由度が高いので良いのですが、色々なプランがありすぎて困ってしまうことも多いです。

 

しかし、提供されるプランも種類ごとに大きく分けると、5タイプに分けることができます。

 

どんなタイプのプランがあり、それぞれどんな特徴があるのか確認していきましょう。

 

 

 

 

日次容量上限タイプのプラン

 

高速データ通信のデータ通信容量の上限が1日単位で設定されているプラン。

 

選ぶコースによってそれぞれのデータ通信容量は変わってくるが、だいたい100MB/200MBといった容量を選択することとなる。

 

安いのが魅力だが、動画などを見るとあっという間に上限まで達してしまうので、データ通信を多く使う人にはおすすめできない。

 

※上限を超えた場合は、通信速度が200kbps程度の低速データ通信となることが多い

 

 

月次容量上限タイプのプラン

 

高速データ通信のデータ通信容量の上限が1か月単位で設定されているプラン。

 

選ぶコースによってそれぞれのデータ通信容量は変わってくるが、だいたい1GB/3GB/5GBといった容量を選択することとなる。

 

1か月毎にデータ通信容量が決められているのは、キャリアと全く同じ形。

 

MVNOによっては、月毎のデータ通信容量とは別に3日間のデータ通信容量の上限を設けているところもあるので、注意が必要。

 

※上限を超えた場合は、通信速度が200kbps程度の低速データ通信となることが多い

 

 

高速通信・無制限タイプのプラン

 

高速データ通信のデータ通信容量の上限が決められていないプラン。

 

日次容量上限や月次容量上限タイプはキャリアと全く同じ250Mbpsなどの速度になるが、高速通信・無制限タイプは5Mbpsくらいの速度で、同じ高速データ通信といっても遅くなっていることが多い。

 

多少遅いとはいっても、動画などの閲覧も問題なく行える速さなので、とにかくたくさんデータ通信を行うヘビーユーザの方におすすめ。

 

 

低速通信・無制限タイプのプラン

 

200kbpsくらいの速度となる低速データ通信のデータ通信容量の上限が決められていないプラン。

 

動画などの閲覧はとても行えないので、メールやラインなどのみ使えればよいという方にしかおすすめできない。

 

圧倒的に安いのが魅力。

 

 

多段階タイプのプラン

 

高速データ通信のデータ通信容量の上限は決められているが、使ったデータ通信量によって段階的に料金が上がっていくプラン。

 

月によって使うデータ通信容量のバラつきが多い方におすすめ。

 

 

通話機能とSMSが必要を考えてSIMカードを選ぼう

 

5つのタイプのプランと合わせて、3つのSIMカードのタイプの中から1つ選びます。

 

 

【SIMカードのタイプ】

  1. 通話SIM
  2. データ専用SIM(SMS無し)
  3. データ専用SIM(SMS有り)

 

【SIMカードのタイプとプランの選択例】

  • タブレットなどでデータ通信専用に使うので通話機能は要らないけれど、データ通信を多く行うから「月次容量上限タイプのプラン」で10GBの大容量でデータ専用SIM(SMS無し)を契約した
  • ガラケーと2台持ちで使用。LINEもするので「月次容量上限タイプのプラン」で3GBのデータ専用SIM(SMS有り)を契約した
  • 通話しかしないので、「低速通信・無制限タイプのプラン」で通話SIMを契約した

 

 

あなたの使用用途に合った選び方を行うほど、スマホの月額料金は安く抑えることができます。