MVNOとは何?初心者のための読み方からの解説

MVNOとは何?初心者のための読み方からの解説

 

 

いま、スマホの月額料金を格安にするための「格安SIM」が流行っています。

 

その格安スマホを提供しているのがMVNO(エムブイエヌオー:Mobile Virtual Network Operator)です。

 

このMVNOについて詳しく紹介していきます。

 

 

MVNOって何?

 

 

MVNOは、携帯電話などの通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のことを指します。

 

日本では格安SIMを提供している事業者のことを指します。

 

MVNOは日本国内で100社以上あるとも言われており、実に様々なサービスやプランが提供されています。

 

現在MVNOはスマホの料金が格安になるということで注目を浴びています。

 

ドコモ/au/softbankからの乗り換えで、月額料金が数千円安くなったという話もよく聞きますので、だんだんと税金などが上がってきている日本では、MVNOへの乗り換えはとても有効な節約術と言えます。

 

 

MVNOの格安料金の仕組み

 

 

MVNOと契約をすることでスマホで通話やデータ通信ができるようになりますが、実はこの通話やデータ通信のための回線網は、MVNOが自前で持っている物ではありません。

 

MVNOは先ほど述べた通り「携帯電話などの通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者」です。

 

ドコモ/au/softbankといったキャリアから回線を借りることで、スマホの通話やデータ通信のサービスを提供しています。

 

自分で回線を持っていないため、レンタル料金だけで設備コストがかからず、安い価格でスマホの通話やデータ通信のサービス(格安SIM)を提供できるのです。

 

 

MVNOの格安SIMに乗り換えれば圧倒的に安くなる

 

 

ドコモ/au/softbankの3大キャリアと契約している場合は、スマホの月額料金は6,000円以上になっている人がほとんどです。

 

しかし、MVNOの格安SIMに乗り換えをした場合は、全く料金が変わってきます。

 

スマホの月額料金は2,000円台で収まる人がほとんどになってきます。

 

月に数千円の金額が変わってくるので、主婦の方などはびっくりするのではないでしょうか。

 

 

キャリアと契約をしているけれども、ほとんどスマホは使わない。

 

でもキャリアと契約をすると、どうしても6,000円くらいの月額料金がかかってしまう。

 

そういった方はMVNOの格安SIMに乗り換えない理由はありません。

 

高いスマホの月額料金に悩んでいる方は、ぜひMVNOの格安SIMに乗り換えを検討してみてください。